八柱駅の周りには徒歩で行ける範囲に子供と遊べる公園がいくつかあります。

今日は八柱駅周りの公園について、簡単な紹介をしたいと思います。

八柱駅周辺の公園一覧

八柱駅の周辺にある公園で、僕ら家族が実際に行ったり遊んだりした公園の一覧です。

  • 門前公園 (南口)
  • 宮前公園 (南口)
  • 日暮公園 (南口)
  • カンナ公園 (南口)
  • 常盤平公園 (南口)
  • やなぎ公園 (南口)
  • 小山台公園 (南口)
  • 来葉こどもの遊び場 (北口)
  • 像山公園(松戸運動公園) (北口)
  • 21世紀の森と広場 (北口)

駅として栄えている南口は中規模の公園が多数あります。
一方、北口側は大きな公園が2つあるため、それ以外は本当に小さかったり、奥まったところにあったりする感じです。

順に紹介していきますね。




宮前公園

施設名 宮前公園
住所 千葉県松戸市日暮5丁目227
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て右方向。
県道281号の交差点を渡り、ガストのあるビルの裏手にあります。

八柱駅から徒歩で向かう場合、一番近いのが宮前公園です。

駅の南口を出て右方向に進み、大通り(県道281号)を渡った一本裏手にあります。

手前側に広場が、奥に遊具施設があり、間を生垣で分断している造りになってますね。
遊具はすべり台、ジャングルジムなど。

公園の隣には白髭神社があり、毎年夏にはここで行われる夏祭りの音が駅まで響き渡っています。

門前公園

施設名 門前公園
住所
千葉県松戸市金ケ作1丁目9
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て左方向。
中華料理の紅龍、海華などがある交差点を渡り、もう一本さくら通り寄りの道を下った先にあります。

駅から二番目に近いのが門前公園です。
我が家は八柱に越してきた際、この近くのマンションを借りていたので、ここは一番想い入れがありますね~。

やや大きな広場があって、その周りに鉄棒やブランコ、すべり台、砂場が設置されています。

ここも夏場は町会のお祭りに使われ、毎年お盆の時期にはやぐらが立つのが楽しみでした。

目の前には子すずめ保育園があり、夕方には保育園の子たちがワッと出てきて、公園にいる子供たちみんながもみくちゃになって遊んでいます。

日暮公園

施設名 日暮公園
住所 千葉県松戸市日暮4丁目6
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て右方向。
セブンイレブンと駐輪場の間を抜け、右手から県道281号へ向かい、交差点を渡ります。
しばらく直進すると左側にあります。

駅近くの中では割と大きめな公園。
手前側は遊具と広場がある公園で、奥側にさらに広い広場があります。

遊具には健康器具のようなものがあったりして、一風変わった公園といった感じ。

奥の広場では子供たちが自転車に乗ったりしていました。

カンナ公園

施設名 カンナ公園
住所 千葉県松戸市常盤平陣屋前13
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て左方向。
さくら通り入り口を直進し、150m程度進んだところで右折したらへんにあります。

さくら通りの1本裏手にある公園。
子どもたちに人気の公園です。

他の公園と同様、遊具があるエリアと広場に分かれています。

カンナ公園はなんと言っても遊具数が多いですね。
すべり台、鉄棒、砂場にブランコが2基、そして公園中央には登り棒のような要素を備えた大きな台があって、小さな子からやや大きい子までよくこの台に上って遊んでいます。

公園の周りを囲むようにマンションがあるので、そこの子たちのたまり場といった印象もあり。

常盤平公園

施設名 常盤平公園
住所 千葉県松戸市常盤平松葉町1−3
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て左方向。
さくら通り入り口を直進し、やまもも通りと交わる交差点で右折。
坂を下って、再度上がる途中の左側にあります。

八柱駅南口からの徒歩圏内では最大規模の公園。
大きな広場と、高台にある遊具エリアで成り立っています。

常盤平体育館に併設されている公園で、広さゆえ犬の散歩をしている方や、野球、サッカーの練習に使っている方などをよく見かけますね。

公園の方は写真のとおり木が多いこともあってやや暗く、時期によっては雑草が伸び放題で遊びづらい印象。

やなぎ公園

施設名 やなぎ公園(通称)
住所 千葉県松戸市常盤平柳町21
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て左方向。
さくら通り入り口を直進し、やまもも通りと交わる交差点で右折。
坂を下って、再度上がりきった通りを左に進むと右側にあります。

ちょっと徒歩圏内というには遠いかもしれませんが、常盤平公園のさらに上にのぼったところに位置している公園。

柳町の方がお祭りなどで使っている広場があるところですね。
正式な公園としての登録名称はなく、Google Mapでも「公園」としか記されておりませんが、地元の方には「やなぎ公園」として親しまれています。

公園の奥に幾何学的な形のジャングルジムがあるのが特徴的。

休日には野球の練習をしている親子が広場にいたり、近隣の方の憩いの場といったイメージですね。

ちなみに八柱駅近くの公園は基本的にトイレと水道が完備されているのですが、こちらの公園にはなかったと思います。

小山台公園

施設名 小山台公園
住所 千葉県松戸市日暮6丁目9
アクセス 新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て右方向。
県道281号の交差点を左折し坂を下ります。
セブンイレブンとローソンのある交差点を右折し、セブンイレブンの一本裏側の道へ入ったところにあります。

駅近の公園では日暮公園と並ぶぐらいの広さを持つ公園。
我が家の子どもやその周りの子たちの間では通称「汽車の公園」とよばれています。
※小さな汽車のライド遊具があるため。

その他にも簡易的なアスレチックのような遊具などもあり、他の公園とは若干差別化されている感じ。
(ただし遊具に囲まれるようにトイレが設置してあるのがマイナスポイントかと・・・)

こちらの公園も広めの広場が併設されており、朝にはここでラジオ体操をしている方も多いです。

来葉こどもの遊び場

施設名 来葉こどもの遊び場
住所 千葉県松戸市日暮2丁目9
アクセス 新京成線「八柱」駅北口を出て左方向。
駐車場群を抜けて突き当たったところを右折すると左側にあります。

八柱駅北口の一番駅近なところにある小さめの公園です。
来葉町会のお祭りで使われる広場ですね。

すべり台やジャングルジムといった遊具と広場があります。

ただ他の公園に比べて雑草の手入れがされる頻度が低いのか、いつ行っても「草ボーボー」な印象。
我が家の息子は「くさぼーぼー公園」と呼んでいました。

像山公園(松戸運動公園)

施設名 像山公園(松戸運動公園)
住所 千葉県松戸市松戸新田310−6
アクセス 新京成線「八柱」駅北口から千駄堀(八景台)を抜けた先にあります。
最寄り駅は新京成線「松戸新田」駅。

八柱から徒歩圏内とは言えない(徒歩20分)のですが、駅北口の在住者にとっては何気に身近な公園として松戸運動公園があります。
(最寄り駅はむしろ「松戸新田」ですね)

運動公園自体はテレビの撮影なんかも来る有名なところなのでご存知の方も多いかもしれません。
この運動公園の一角に像山公園という子供が遊べるスペースがあります。

木が生い茂る中にあるので夏場でも日陰になるため、やや遊びやすいかも。
また運動公園内を自転車で走ることもできるので、自転車に乗れるようになった子供にとっては楽しい場所みたいです。

21世紀の森と広場

施設名 21世紀の森と広場
住所 千葉県松戸市千駄堀269
アクセス 徒歩の場合、新京成線「八柱」駅南口、またはJR武蔵野線「新八柱」駅の改札を出て左方向。
2つめの信号「さくら通り入り口」を直進し、並木道を進みます。
さらに2つめの信号(右手にドミノピザがあるところ)の左手にある下る道を進み、右手にあります。
車の場合は八柱駅北口ロータリーからファミリーマートがある方向に進み、交差点を斜め右方向(県道51号)へ。
しばらく直進すると左手に森のホールの建物が見えるので、それを過ぎたところにある信号を左折すると駐車場があります。
また、八柱駅南口から小金原団地循環または新松戸駅行きの新京成バスに乗り、公園中央口で下車するという行き方もあります。

こちらも徒歩圏内と呼ぶには遠いですが、八柱住民にとっては外せない公園です。

遊具がない、自転車での乗り入れができないなど、子供たちには不人気・・・かと思いきや、公園内を小川が流れているなど、なかなかに子供心を掴んでくれてます。

休日にはテントを広げてのんびりとしながら遊んでいる家族も多く、近隣住民に愛され続けているスポットです。

21世紀の森と広場(八柱)について

「やばしる」のひとこと

というわけで、八柱駅近隣の公園まとめでした。

実は他にもまだまだ中小規模の公園がたくさんあります。
徒歩圏内と言いながら運動公園出すぐらいなら、常盤平のしょうぶ公園とか、牧之原のかぶと公園とか・・・あとは八柱霊園の中にも子供が遊べる公園っていうのがあったりするんですよ。

八柱霊園について

なのでこうした公園巡りをしてみるというのも、地元を楽しむ良い方法となるかもしれません!